開業までの流れ

2.マーケットリサーチ・開業地の選定

希望地での周囲との競合などはないでしょうか?
少しでも有利な好立地の物件はないでしょうか?
見込み患者数はどのくらいでしょうか?

いくつかの実際の物件やテナントを見ていくと見極め方が徐々に分かってきます 。

マーケットリサーチ 開業地の選定

開業される先生の開業希望地をご一緒に検討させていただき、ご提案いたします。
希望地がはっきりしていない場合、適する候補地をご紹介いたします。

開業する場所の選定・診療圏分析

開業された先生の多くは、下記のような要因のもと開業地を選定しております。
その上で、先生のお考えをお伺いし、診療圏調査を行い、参考データを提供いたします。

1.開業地の選定要因

  • 知人や業者の薦め
  • 現在住んでいる所、出身地
  • 競争相手が少ない
  • アクセスがよい
  • 病院との連携
  • 薬局が近い 等

2.診療圏分析

  • 交通の便や立地条件のアドバイスをします。
    (人口密度、交通の流れ、競合医療機関、診療科目など)
    (駅前、商業施設内・周辺、ビジネス街、住宅地、メイン道路沿い)
  • 見込み患者数の調査
    (行政区分・町名別年齢人口構成比、年齢構成別受療率、疾病別受療率)
  • 診療圏拡大プランの検討
需要患者数予測【 (診療所)中心:〜1km圏 】
疾患別・男女別 人/1日 (平成24年4月1日)
  需要患者数
内科系 284 315 599
外科系 146 160 306
整形外科系 163 180 343
産婦人科系 20 20
皮膚科系 40 44 84
泌尿器科系 24 26 50
眼科系 59 64 123
耳鼻科系 96 106 202
精神科系 45 49 94
疾患別・男女別 人/1日
  需要患者数
(0〜4歳) (28) (27) (55)
0〜14歳 59 51 110
15〜64歳 246 471 717
65歳以上 217 460 677

※ 患者需要数の予測は、厚生省受療率(平成20年10月)をもとに算出しています。
※ ××系については、同じく厚生省受療率にもとづいて私どもが分類しました。
※ 年齢別はそれぞれの年齢階層別受療率を掛け足し算したもので受療率を掛けたものと必ずしも一致しません。

3.物件調査

  • 不動産業、金融機関、当社のご案内物件など ・適正面積や天井高の確認(診療科目別特性を考慮)
  • 床下・天井裏の確認(配管や間仕切りを考慮) ・電気容量の確認(医療機器の使用を考慮)
  • バリアフリーとプライバシー ・広告(環境・他の看板)などの考慮
  • ビルテナントの場合(ビル側の時間制限(診療時間とのマッチング)他テナントとのバランス)
一般的に商業店舗の新規出店における場所の選定については、多額な費用を掛けてリサーチするところが多いと聞きます。
医療を理解していない業者ではピントはずれの物件を紹介されることもあります。
先生ご自身がいくつかの物件をご覧になるとコツがつかめてきます。先生の考えている医療を具現化する、とても大切な作業です。様々な経験とノウハウを持つ私たちと共に、調査・分析しましょう。

3.事業計画書・資金調達

診療圏調査のお申込みはこちらまで

医療モール